やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第19次応募作品】

俺の自営の仕事心配してたけど、
バイト探してたら、就職しちゃったよ、
お母さんそっちでなんかしたよね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈H2・東京都・59才・男性〉からの投稿

映画の仕事をしていましたが、お前の仕事は道楽仕事、好きな仕事は、仕事とは言わないとゆわれてました、映画の仕事も無くなり派遣の仕事も定年になりバイトを探していたら、就職してしまい、母の臨みどうりになってしまいました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ