やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第10次応募作品】

私が会うことは叶わぬ祖父。
私の父が幼い頃に亡くなった。
私を見て皆言う。「あの人」に似てるって。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈橘高ミハネ・東京都・30才・男性〉からの投稿

ある日自宅でバイクの整備をしていたら親族の方に会いました。亡き祖父を知る人で、まるで「あの人」を見ているようだと仰られました。その日は曇天だったのですが、その話の後晴れ上がり、まるで糸電話の糸のような細く長い雲が見えたので、それをヒントにしました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ