やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第10次応募作品】

そっちのくらしはどうかな
げんきにしてるかな
私は元気よ しんぱいしないで大丈夫

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈KUMATAMAGO・東京都・11才・女性〉からの投稿

私が2年生の時に大好きだった祖父がなくなりました。お葬式の時は泣きに泣き、今にも起きて私のことを呼びそうな顔をしていました大好きな人がなくなるのは悲し過ぎて、思い出すたびに涙を流しています当時の記憶がすべてよみがえります。大好きだよ?おじいちゃん

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ