やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[おばちゃんへ]の想い 女性 ~20歳代

【第10次応募作品】

おばちゃん、いつも守ってくれてありがとね
苦しいとき聞こえるよ、頑張れ頑張れって。
おばちゃん、ずっとずっと笑っていてね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈海ガラス・北海道・25才・女性〉からの投稿

小さい頃、たくさん遊んでくれた大好きだったおばちゃん。大きくなってからも小さい頃と変わらず可愛がってくれました。そんなおばちゃんが亡くなってから、不思議なことが起こります。絶対に私の守護霊としておばちゃんはいつもそばにいてくれているのだと思います。私含め、私の家族はそういうのを信じないタイプなのですが、絶対におばちゃんはいつも私のそばにいます。これに関しては、家族もみんな否定しません。いつもニコニコ笑顔だったおばちゃん。ずっと大好きだから、ずっとおばちゃんが笑っていられるように私も毎日笑って過ごしていきたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ