やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[ちぃちゃん]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

泣きたいとき
逢いたいとき
香であなたを想う

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かあちゃん・福岡県・45才・女性〉からの投稿

つらい時、悲しい時黙ってそばにいて、18年間支えてくれた黒猫のちぃちゃん。あなたを亡くした胸の痛みはまだまだ癒えません。ふかふか真っ黒なお腹、くるくる金色の瞳、「にゃん」と甘えてくる可愛い声。ずっとずっとずっと、私のそばににいてくれると思ってた。逢いたいよ、逢いたいよ。涙が止まらない時は、きっとあなたが心配するからお気に入りのお線香をたいて、にっこり笑顔であなたを想うよ。もう心配しないで。天国でポカポカ日向ぼっこ、ゆっくり休んでね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ