やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第20次応募作品】

留年した時、好きな道を探せと言ったね。
俺は家業を継いだので選べなかったと。
父さんありがとう。自分の道見つけたよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ヒロすけ・静岡県・59才・男性〉からの投稿

大学を留年した私が、父に初めて書いた手紙の返事に、書いてありました。医者になりたかった父は、泣く泣く進学を諦め、家業の小さな町工場をつぎました。遊び呆けて夢も無く留年した私に、怒りもせず、好きな道を探せと言ってくれたのです。都会の6畳一間のボロアパートで1人泣き明かしました。あれから何十年。紆余曲折を経て、天職を見つけました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ