やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[恩師へ]の想い 女性 30歳代

【第20次応募作品】

迷いの夜 心の耳に聴こえる声
『今ここから共に歩き出しましょう』
大空のような包容力 私も 今。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈Happy2405・神奈川県・39才・女性〉からの投稿

昨年、帰天したシスターは母校・聖園女学院の元校長です。この学園の精神的なカリスマでした。人の為に祈り、愛を持って行動する。大変強烈な生き方でした。尼寺の御住職との交流があったり、宗教を超えた信仰心と信頼関係が築ける事を、思春期の私達に示して下さったのが印象的でした。本日こちらのサイトを見つけ、毎晩祈るシスターへの感謝を表してみたいと思いました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ