やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[無口で無骨な祖父へ]の想い 男性 50歳代

【第20次応募作品】

じいちゃん いつもポケットに入れてたね
俺にはちょっと辛かったよ 待たせてゴメン
20年ぶりに嗅ぐエコー 美味しいですか?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈でか丸・長野県・51才・男性〉からの投稿

幼い頃の、じいちゃんとの思い出と煙草の記憶。すごく旨そうなんだけど、匂いと煙は好きになれなかった。月日が過ぎ、自分が喫煙するようになって、墓前で是非とも大好きだったエコーを吸わせてあげたいと思いました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ