やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 女性 50歳代

【第20次応募作品】

髪をリボンで結び 
一緒に笑っていた 学生時代
写真の中は いつまでも 色あせない

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈miki・京都府・50才・女性〉からの投稿

学生時代によく遊んだ友人。だが、お互いに社会にでて、やがて結婚をして、結婚後に1度あったきりで、年賀状のやりとりだけになっていた。数年前に、その友人の旦那さんから彼女が亡くなったとの喪中ハガキを受け取った。何故?という気持ちと、せめて会いたかったという思いが湧いてきた。私の写真の中は、彼女の制服姿の高校生のままで、年をとることもなく彼女が笑っている。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ