やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 60歳以上

【第20次応募作品】

お母さんの大好きな山百合が咲いたよ。
でも、仏壇には手向けないからね。
庭に凛と咲いているのが好きなんだものね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひでさき・茨城県・73才・男性〉からの投稿

妻と自然の多い場所に旅行に行くと、人知れず咲いている山百合を指さして喜んだものでした。不思議なことに妻が亡くなったあと、何年か前から我が家の庭に山百合が咲くようになったのです。毎年夏になると妻に報告し、仏壇に手向けたくなるのですが、自然の中で強く美しく凛として咲く百合が好きだった妻に怒られるような気がして報告だけしています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ