やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第20次応募作品】

そちらでも盆栽作りは忙しいですか。
おやじのサツキは夕暮れに玄関を照らすよ。
「おかえり」って言ってくれているんだね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひでさき・茨城県・73才・男性〉からの投稿

趣味の盆栽作りで見事なサツキを作って楽しませてくれた父親でした。帰宅すると、今でも盆栽の手入れをする父親の背中を丸めた後ろ姿が鮮やかによみがえります。闇夜にくっきりと浮かび上がるサツキの後ろから父親の「おかえり。」という声が聞こえてくるようで疲れも癒えるようです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ