やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[大学医局の恩師]の想い 男性 60歳以上

【第21次応募作品】

退局して開業しました
診療姿勢を変えないでおくためです
誠実に生きるためには変わらざるをえません

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ノボル・東京都・69才・男性〉からの投稿

大学病院の組織や運営は大きく変わりました。常勤医や診察室は半減です。次の発展につなげるため、流れゆく川のように、組織の新陳代謝は欠かせなかったのでしょう。秩序が保たれるためには、絶え間なく壊されなければならないのは納得しております。枠が減った診察時間で多くの患者さんを診察して数週間後、私は心身とも疲弊しました。自分の持ち味を発揮できないのが主な原因です。同僚から入院を勧められ、家族からは休業を求められました。しかし診療の責務があり、休めません。診療での消耗と戸惑いのなか、定年を間近に迎えた63歳で退職を決意します。その理由は、自分の診療姿勢を変えないでおこうと思ったからです。変わらないで生き残るためには、変わらなければなりません。開業に踏み切りました。思う通りの診療をするためです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ