やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

手を合わせた時しか素直になれないけど
そんな私の全部を抱きしめるように
私の全部を愛してくれて有難う

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈岸明日翔・東京都・16才・女性〉からの投稿

私の祖母は常に笑っていた。どんな時も笑っていた。下手くそなバレエを踊った時も、1番褒めてくれた。今、天国に旅立ってしまった祖母は元気にしてるだろうか心配されるのは私の方なのにね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ