やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第21次応募作品】

わたしね 結婚しようと思う 
器が広いところ おじいちゃんみたいなの
いいよね おじいちゃん

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈夏目わか・三重県・27才・女性〉からの投稿

20年前、祖父が突然亡くなりました。まだ私は幼く、厳しい祖父の姿しか知りませんでした。でも、亡くなってから祖父の話を聞くと、とても立派で責任感が強く、カッコいいことを知りました。祖父に、彼を紹介して、彼を認めてもらってから結婚したいと思いました。亡くなっているので叶いませんが、祖父に結婚を許してほしいという願いを込めて読みました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ