やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[義父へ]の想い 男性 50歳代

【第21次応募作品】

お線香をあげない人 僕のことを家族は言う
人が見ている時に お線香はあげない
ひとりじゃないと 話ができないから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈風奈・神奈川県・58才・男性〉からの投稿

お線香をあげるからには、ゆっくりと語りゆっくりと耳を傾けたい。だから、毎朝毎晩お線香をあげて鈴を鳴らすのは、単に儀式をこなしているようで好まない。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ