やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第21次応募作品】

いつも子ども達をかわいがり
子育て生活を助けてくれたね
母がした苦労がわかったような気がした

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はなちゃん・大阪府・65才・女性〉からの投稿

おばあちゃんは、孫の子どもたちにいつも優しくしてくれたことに年をとった今、私は、母が大変だったのに笑顔で世話してくれたことをありがたくて思い出してます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ