やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第21次応募作品】

お父さんの教え子たち
今年もお墓参りに来てくれたよ
お父さんの心 今も生きているね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈彗未(すいみ)・東京都・56才・女性〉からの投稿

定時制高校で35年間、教職を努めた父の教え子たちが同窓会の度に、お墓参りを続けてくれていると聞きました。父を通して人と人との繋がりの温かさに気付かされます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ