やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第22次応募作品】

戦時中に失くしてしまったから探してと
頼まれていたのに忘れてしまったあの本の
タイトル、夢でいいから教えて欲しい

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈有薗 花芽・大阪府・48才・女性〉からの投稿

本好きの祖母で、戦時中にお金に困って本を売ってしまったことを悔やんでいました。特に好きだった本を探して買ってきて欲しいと頼まれていたのに、うっかり私が忘れてしまったまま、祖母が逝ってしまったことが心残りです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ