やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 男性 30歳代

【第22次応募作品】

そんな風になってはいけない
何度も何度も何度も伝えてきた
あなたは今、元気にしていますか

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈スナフキン・東京都・31才・男性〉からの投稿

私が育った故郷では治安が非常に悪く、自分が小さい頃から知っている人達は皆んな非行に走っていきました。高校中退、風俗通い、借金を重ねる、野宿を繰り返す、精神的に不安定になる、などなど。何度も何度も声をかけて励ましてきましたが、彼らは耳を傾けず、逆に周りの人の人生に悪影響を及ぼすようになったため、私も彼らから身を遠ざける次第になりました。彼らは元気にしているだろうか、そんな気持ちを詩にしました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ