やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第22次応募作品】

花野風 天高くのぼりゆく 母の背に
寄り添う父の姿見て
紅涙こらえ たくす想ひ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈あっこ・神奈川県・49才・女性〉からの投稿

父が亡くなった11年後に、母が亡くなりご住職がお経あげて線香あげた時のこと。母の後ろ姿と、迎えにきた父の姿が見えました。本当は悲しく辛く寂しい想いでいっぱいでしたが、足を引っ張らないため、涙をこらえて父に母のことたくした想いを込めました。この日は母の49日法要で、なんと父の命日で亡くなった時刻でした。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ