やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

まだ歩けたころの若い祖母
今日も四角い絵の中で笑っている
漸く会えた祖父と楽し気に

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈東里かなめ・神奈川県・43才・女性〉からの投稿

62歳と言う若さで下半身不随になった祖母。それから亡くなるまでずっと寝たきりで過ごしていました。伯父は寝たきりの祖母の写真ではなく若く元気だった歩けた頃の祖母の写真を遺影に選び、祖父の遺影の隣に置きました。ずっと「早く死にたい」と言っていた祖母。定年退職後、すぐに亡くなった祖父と出会え、嬉しそうだなといつも思います。尽きぬ話をあちらでしているのだろうと。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ