やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 50歳代

【第11次応募作品】

桜を折ったこと、叱られなかったよ
寝たきりの祖母が喜んでくれたこと
作文に書いたら先生に褒められたよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈マッセ・兵庫県・52才・男性〉からの投稿

私が小学生の時、祖母は寝たきりになって10年目でした。花見ができない祖母に見せてやろうと桜の小枝を折ったことを作文に書いたら、先生がクラスで紹介し、褒めてくれました。今でも時々思い出します。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ