やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

「なむなむする」と
聞いて育って二十余年
「拝む」とは少し違った意味なのです

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈あずま・静岡県・24才・女性〉からの投稿

方言なのか幼児語なのか、「拝む」ことを「なむなむする」と幼少時からずっと聞いて育ってきました。大人といわれる年齢になっても、まだ「なむなむ」は抜けません。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ