やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[ウサギのモカへ]の想い 女性 ~20歳代

【第11次応募作品】

あなたのいない毎日が
だんだんと当たり前になっていくけれど
あなたを忘れた日は一度もありません。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈あやの・熊本県・18才・女性〉からの投稿

9年間、私と共に成長してきた妹、モカが去年の6月に天国へと旅立ちました。楽しい時、悲しい時、苦しい時、嬉しい時、その全てを言葉は通じなくても側で分かち合ってくれた大切な家族です。これからどれだけ時が流れても、あなたを忘れる事はありません。どうか、お空の上で見守っていて下さいね。大好きだよ、モカ

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ