やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 40歳代

【第11次応募作品】

大好きな、祖父母に会いに帰省する度
満面の、しわくちゃな笑顔で迎えてくれたね
「よー来たな。婆さんコーヒー淹れてくれ」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おしんこ・岡山県・46才・男性〉からの投稿

ケンカもするけど、仲の良い祖父母でした。いつも大好きなコーヒーを一つのマグカップで、二人で飲んでいました。私たちが帰省する度、満面の笑顔で迎えてくれ、大好きなコーヒーをみんなで飲むのが、私たちも幸せな時間でした。いつまでも覚えています。祖父母の優しさ。幸せな時間。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ