やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

「花をいっぱい植えよう。」と約束した母
夢だった新居に半年も住めなかったね
でも今年も咲いたよ、お母さんが植えたバラ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈武居ぱんだ・埼玉県・44才・女性〉からの投稿

家の新築は両親の夢でした。母は美しい庭作りをするのが楽しみでした。病気をおしてチューリップの球根を植えたり、バラの苗を植えたりしていました。母は志半ばで亡くなり、庭作りもストップしてしまいましたが、バラの花は毎年初夏に咲き、母を思い出します。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ