やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第11次応募作品】

毎日見守ってくれてありがとう
会わせたかったひ孫が毎日お供え取ったり
線香の灰で遊んでるけど笑って許してね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈りん・茨城県・37才・女性〉からの投稿

以前祖父母が暮らしていた家に暮らしています。娘は曾祖父さん曾祖母さんに線香をあげてお参りし、お供え物をもらうのがお約束。会ったことないけど、色々くれる優しい曾祖父さん曾祖母さんと思ってるようです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ