やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第11次応募作品】

子供嫌いのおじいちゃんだったけれど
私をだっこしている写真がたくさんあって
それを見るたびに泣きそうになるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈こんちゃん・大阪府・33才・女性〉からの投稿

祖父は昨年突然他界しました。私は祖父の所に遊びに行っていた時だけが唯一子供時代の楽しい思い出でした。祖父は自分のペースを乱されるのがあまり好きではない人だったので、子供はあまり好きではないイメージでした。だけど私は可愛がってもらっていたのかな?と思っています。感謝の気持ちを伝えられないまま別れてしまったのが心残りです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ