やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第11次応募作品】

「早くそっちの世界に連れてって」
そうじいちゃんに祈る難病の母親
1分1秒でも多く母と一緒にいさせてくれよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈西の森なおや・東京都・34才・男性〉からの投稿

白血病の母親。治療や投薬の副作用で辛い思いをしている。辛い時母親はそのように祈る事で少し楽になるのだろう。僕は葛藤する。でも僕は、1分1秒でも多く母親に親孝行したいしさせてくれ。今しか無いんだ。そして母親にとっても家族の時間を少しでも幸せと思ってもらいたい。病気なんかに負けてたまるか。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ