やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

私が小さい頃に作ってもらったおやつ
お母さんは作れないんだって。
だから私が思い出して娘に作ってあげてるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ママれもん・福島県・43才・女性〉からの投稿

私が小学生の頃、祖母が作ってくれたゆべしや蒸しパンなど、思い出して作ったところ、私の娘がとても気に入り、祖母から受け継がれた味がまた娘に受け継がれて行くよと、先日祖母の墓前で伝えてきました。ちなみに、私の母はその頃仕事をしていたので祖母のおやつをわからないと言いました。ので、作って両親にも届けています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ