やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 30歳代

【第11次応募作品】

病院嫌いだった婆ちゃん。末期がんだったね
胃腸薬が減っていることに死後気付いたよ
もっと早く気づきたかった。ごめんね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ハム平・北海道・32才・男性〉からの投稿

ガンで入院して、婆ちゃんの最期を看取ったあと、家族で婆ちゃんの家を整理しているときに、薬箱の胃腸薬だけが新しく、かなり減っている状態だったことに気づきました。病院へ行くのが嫌で、痛いのを我慢していたのかと思い、もっと早く気付いてあげたかったと家族で泣きました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ