やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第12次応募作品】

お母ちゃん、私も年をとったよ
あの頃は、父のいる仏壇が嫌だった
今、手を合わせるこの時間がとても落ち着く

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ヒメちゃん・大阪府・64才・女性〉からの投稿

昔の人で、飲む、打つ、買うの三拍子。母との喧嘩、暴力は日常茶飯事。こんな夫婦は嫌だ、家庭は嫌だと亡くなったあとも父には手を合わせたくなかった、でも二人がいたから、今の私がいる

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ