やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第12次応募作品】

仏壇の前で「おじいちゃんはね」と母が語り
知らない記憶はどんどん鮮やかになり
見守っているおじいちゃんは今日も笑顔です

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈麦わら・岩手県・25才・女性〉からの投稿

私の祖父は、私が生まれる丁度一年前に亡くなりました。そのため、母は私が知らないおじいちゃんを話してくれます。写真で見ただけなのにまるで会ったことがあるかのように、仏壇で手を合わせる度おじいちゃんは笑顔で見守ってくれているように感じます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ