やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第12次応募作品】

ばあちゃんは私のことを仏壇に話す
でも、じいちゃんは優しく聞くばかり
女二人に見つめられ恥ずかしそうに照れ笑い

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈弓波・大阪府・14才・女性〉からの投稿

この夏休みに、おばあちゃんの家に遊びに行きました。家に着くとすぐ、おじいちゃんの仏壇に手を合わせ「おじいちゃん、遊びに来たよ!」と言いました。そうすると、おばあちゃんが隣に来て大きな声で私の自慢をおじいちゃんにするのです。まるで、あなたは知らないから教えてあげると言うように。でも遺影の中のおじいちゃんは、まるで「知っているよ。」と言うようにずっとにっこり笑っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ