やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第12次応募作品】

朝、ストーブの火であたためてくれていた、
学校へついても温かかった私のうわぐつ。
おばあちゃんを思い出す冬がくるよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈こまま・栃木県・42才・女性〉からの投稿

小学生の頃、冬になると月曜の朝、おばあちゃんが私の上履きをストーブで炙って温めていてくれた。結構な距離を歩くのに、学校へ着いても不思議と冷めていない上履き。もしかしたら、おばあちゃんの思いが上履きに染み込んでいたのかもしれないな。おばあちゃんありがとう。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ