やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第12次応募作品】

住み慣れた実家を出て仕事人間になった私。
帰省を待っていた様に、天に召された祖母。
貴女を思い出す事もなかった私を許してね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈マル・佐賀県・40才・女性〉からの投稿

実家を出て、慣れない土地と文化の中、田舎者とばかにされない為に、ただがむしゃらに働いていました。久しぶりに帰省した時は、祖母は入院し、ベッドから起き上がることもなく、自分のお気にいりだった指輪を外し、私の手のひらにのせ、微笑みました。「何してんの!」と指輪をはめてあげた時、涙が溢れていました。数日後、亡くなった祖母の美しい死に化粧が忘れられません。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ