やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[父へ・母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第12次応募作品】

お父さん。この春私は、結婚しました。
苗字が変わっても、どんなに月日が経っても
これからもずっとあなたの娘でいさせてね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆきな・愛知県・27才・女性〉からの投稿

父は私が10歳の時に亡くなりました。 娘の私が可愛かったようで、「嫁にはやらんぞ!」と口癖のように言っていたそうです。 そんな私も27歳になり、ご縁があって結婚することになりました。 これまでも、これからも 私にとってのお父さんは、ただ一人。そんな思いを込めて書きました。天国のお父さんに届きますように。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ