やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・妹へ]の想い 女性 50歳代

【第12次応募作品】

微笑む二人がみています
元気だった?大丈夫?
「うん」思わず声が出て、 挨拶交わす

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈琴音・長崎県・57才・女性〉からの投稿

心臓疾患があって生まれてきた息子(手術も成功し今では、息子が二人の子の親になっています。それから15年たって父が他界しました。看護師だった妹には、産湯から手伝ってもらいました。それから彼に、心からの「ありがとう」を教えてくれたのは父です。帰ったとき仏壇の前に座ると二人の写真が微笑んでくれます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ