やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第12次応募作品】

死んだら化けては出ないと言っていた祖母
でもたまに線香の香りが部屋にすると
遊びに来てると感じるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈月魄・青森県・33才・女性〉からの投稿

怖がりな孫の私に、死んだら絶対に出ないと言っていました。ただ、お茶目な祖母はきっとこっそり遊びに来ている事を知らせるためか、線香も焚いていない時にふとどこからともなく線香の匂いをさせて知らせるのだと、私たち家族は思っています

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ