やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第12次応募作品】

じいちゃんのとこ行くよとせっせと坂を上り
来ましたよと線香をあげている姿を思い出す
今日は私がおばあちゃんに会いに来たよ。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈Puku・神奈川県・30才・女性〉からの投稿

今日のことです。実家は九州なのですが私自身今は関東に住んでいるため、墓参りのために帰ってきました。祖母がなくなって半年経ちます。お墓の前にくると、生前祖母が『じいちゃん来ましたよー』といってお線香をあげたり祖父の好物をお供えしたり、嬉しいできごとや悲しいできごと、色んな日々の出来事を報告していたり、そんな祖母の姿を思い出して胸が温かくなりました。今は祖父と同じ墓に入りどんなことを話しているのかなあと思います。今日は私も祖母に色んな話をしました。聞いていてくれたら嬉しいなと思いながら、、、。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ