やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第2次応募作品】

大工だったおじいちゃんが
こっそり家の下に埋めてくれたおまじない。
おかげで家族みんな元気です。ありがとう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈きのこ・神奈川県・35才・女性〉からの投稿

子どもの頃実家を建てるときに福岡で大工をしていた祖父が東京まで駆けつけてくれました。祖父は家の下に何かを埋めて、「おまじないしておいたから」と言っていました。家族5人、その後もみんな明るく元気に過ごせています。きっと祖父の「おまじない」のおかげだなと、いつも見守られていることに感謝しています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ