やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第12次応募作品】

なんでお線香あげるの?
その幼いはてなは天国のじいちゃんを想う
毎日の中で分かってきたよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈かい・宮崎県・21才・女性〉からの投稿

幼い頃からこの歳になるまで、身近な大切な人を失うことがなかった。そのため、お線香をあげることは謎の作業であり、儀式であると感じていた。しかし、先日、大好きな祖父を亡くし、お線香をあげることにこんなにも意味があるんだと強く感じたから。また、同じような疑問を持っている若い人もいるのではないかなと思ったから。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ