やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 50歳代

【第12次応募作品】

おばあちゃん、あなたの月命日のたび
僕はあなたの両の掌に頬を包まれます
たゆたうお線香の煙に焚き染められながら

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈まあまあ・神奈川県・53才・男性〉からの投稿

毎月二十二日は祖母の月命日。墓参りに行かないときは自分の家でお線香をあげます。祖母は会うたびに顔をくしゃくしゃにしながら、両方の掌で私の頬を包んでくれました。三十歳を過ぎてもそうでした。「お前、また少し背が伸びたんじゃないかい」などと言いながら。今でも線香をあげるたびに、祖母の掌の感触が蘇ります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ