やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

可愛いお子さんは、貴女の年を過ぎました。
手を合わせる幼子から母の手になりました。
今も匂い袋がお守りです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈だいちゃん・東京都・58才・女性〉からの投稿

先輩としていつも支えて頂いた方への気持ちをようやく思いにしました。夢には一度だけ出てきて下さいました。自分自身、病を重ね少しずつ心の整理をしていきたいと思いました。先輩は子育て中、朝交通事故で突然亡くなりました。さぞ、ご無念だったと今も辛くなります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ