やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 60歳以上

【第14次応募作品】

初孫が、線香の箱を落としてしまいました。
「ばあば、ごめんね」としょげていました。
だからしばらく、折れた線香で我慢してね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈まごまご・大阪府・64才・男性〉からの投稿

亡き妻は、初孫の誕生を待たずに他界しました。娘はそんな母を想い、実家に来るといつも、初孫をまず仏壇の前に立たせます。そんなある日の出来事を、詩にしてみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ