やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第15次応募作品】

仏壇の前で合唱する子供たちは
毎回絵のプレゼントを供えてくれる。
褒めてくれた記憶は永遠だね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈なやな・岐阜県・49才・男性〉からの投稿

父の仏壇には子供たちが描いた絵が飾られています。じいじに渡すんだと言っては描いている子供たちにほろりとします。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ