やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第17次応募作品】

自炊を始めてもう20年くらい経つかな。
今じゃカレーは母さんより美味いと思うよ。
いつかそっちに行った時に食べ比べしよう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈アマホシ・広島県・48才・男性〉からの投稿

今にして思えば母の作るカレーは美味いんだけれども時にルウが溶け切ってなかったり、逆に水っぽい時もあったりと結構いい加減な完成度だったような。それでも20年経った今でも自分がカレーを作る時にはいつも「目標とする味」だったりします。味に関してはもうとっくに追い抜いている気はするんですが、その実いまだ越えられないような、そんな思い出深い味。もう二度と食べられないからこそ、あの味を再現すべく今後もカレーは作り続けることでしょう。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ