やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第18次応募作品】

お線香から立ち昇る一筋にお父さんが煙草を
吸う姿が懐かしく吸いすぎは体に毒だよって
遺影に向かって叱ってみる

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈沙山 雪・東京都・44才・女性〉からの投稿

お線香の煙をみるとヘビースモーカーだった亡き父が煙草を吸っている姿を思い出します。生前よく吸いすぎは体に悪いと注意していました。あの世でもきっとたくさん煙草を吸っていると思うのでこの世からあの世の父へのお叱りです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ