やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第19次応募作品】

母一人 家に居(お)る
守ってやってを 鈴(りん)に込め
るすばん 亡き父に頼む

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おじじ・兵庫県・48才・男性〉からの投稿

行頭を上から読むと『母守る』となる。帰宅時には必ず仏壇の鈴を鳴らし、亡き父に向かって、実家に残す母の健康と安全を守ってやってと頼んでいる。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ