やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 60歳以上

【第19次応募作品】

「どの孫の所に生まれ変わってくるかなぁ」
叔父さんが言うけど
「おばあちゃん、武ちゃんの所でもいいよ」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈雛乃 だりあ・岡山県・62才・女性〉からの投稿

母の告別式でお焼香をしながら、娘がおばあちゃんに語りかけた言葉です。孫の中でただ一人結婚していた娘。夫は、目は細く鼻が高い醤油顔、母はぱっちりおめめに団子鼻。大好きだけど、娘の所におばあちゃんそっくりな子が生まれるとちょっと困るとの正直な気持ちの表れです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ